31. ちゃんとISUCON

2017年11月07日

内容紹介

trkwとhisa7877とnanodayoの3人で、ISUCONについて話しました。

Show Notes

nanodayo さんの自己紹介

  • インフラエンジニアのようなもの
  • OpenStack とか Ansible チョットデキル
  • 趣味は肉会

ISUCON について

  • ISUCON の紹介

お題となる Web サービスを決められたレギュレーションの中で限界まで高速化を図る LINE 株式会社主催のチューニングバトル、それが ISUCON です。ある日の朝に、Web アプリケーションの一式が適当に設定されたサーバ毎渡されて、ベンチマークツールも渡される。そこで、夕方まで頑張ってベンチマークの計測をするスコアを可能な限りあげようと必死になる。渡されたサーバ上でレギュレーションから逸脱しなければ何やっても OK。これだけ。

  • 「いいかんじに すぴーど あっぷ こんてすと」= ISUCON

参加歴とか

  • かれこれ trkw をいれては 3 回くらい出てる
  • サーバサイドエンジニア、インフラエンジニア向けの内容だが
  • コードをちゃんと変更する必要があり。
  • 最初のうちはスコアボロボロだった

ISUCON の参加者サポートチャット

  • 去年は idobata で ISUCON
  • 今年は Discord
  • 数年前から予選をやるようになって、リモートでの参加者の対応用にチャットシステムが入った

ISUCON が ISUCON する話

  • 以前はチャットシステムのトラブルでリアル ISUCON になったこともある
  • 今回は二時間遅れでスタート\(^o^)/

事前の作戦会議・練習

  • matsuu さんが毎年あげてくれているありがたい vagrant/ansible を使って練習する
  • 社内の OpenStack 環境で練習する
  • おそ松さん 2 期 1 話を見ていた。ちゃんとするって難しいね!

ISUCON7 の内容

  • 最初はとりあえずベンチを回してみた
  • 今回、予選のサーバがなんと 3 台。
  • 1、2 は Python 動いてる。3 は MySQL も動いてる。
  • 動いているウェブアプリはチャットシステム

やれたこと

  • icons の GET を nginx でさばく
  • 画像の管理を DB でするのを辞める
  • 画像の保存処理も node の fs を使う処理にする
  • 打ち上げにいく

やれなかったこと

  • /fetch 部分などのコード変更
  • レギュレーションはちゃんと読もう
  • サーバ間のファイル同期(lsync)
  • Redis 導入
  • MySQL リードレプリカ構成

ISUCON7 リンク

来年、ISUCON8 について

  • まずは開催してくれる事を期待したい!
  • とりあえず出てみるは継続したい!
  • もっとちゃんと ISUCON する!
  • もっとスコアを高くしたい!